スプリングアストロロジー

超個人的星読み勉強ログです。

パラレルと記憶とソウルパートナー

先日私は急に思い立ち、とある映画を観にいってきました。

 

東野圭吾さん原作の『パラレルワールド・ラブストーリー』という作品。

 

以前映画館で予告編を観て興味を持っていたんです。

 

内容はどちらかというと脳科学ミステリーというかんじで、いわゆる並行次元としてのパラレルワールドではなかったものの、なかなかおもしろく拝見しました。

 

今回は、

 

パラレルワールド

 

というワードに導かれたのかな?という気がしています。


f:id:pesceluna444:20190604075205j:image

 

地球は時間という制限のある惑星ですので、どうしても今この瞬間は一直線上にある時間の流れの中の一ポイントだと考えてしまいますが、

 

私は、過去・現在・未来は同時発生の並行世界という説を信じています。(確かめようがありませんのであえてこの言い方です 笑)

 

実際に、パラレルワールドにいってきた!という方にお会いしてお話もうかがったこともあります。(私が信頼をおいている方です)

 

そして、もう1つ、この映画で何度も出てきたワードがあります。

 

記憶

 

私たちは、今いるこの現世に意識生命体として降り立つ時には、過去生(並行世界)の記憶を一切なくした状態で降り立つといわれていたりします。

 

たまに、前世の記憶があるという人が出てきたりもしますが、

 

それは、記憶があるというより、何かしらの原因で、過去生(並行世界)の自分自身の意識と繋がってしまっているからなのかな?

 

というのが私の解釈です。

 

で、明確なイメージはなくとも、誰しもある程度の記憶の混在はあるのでは?と考えます。

 

なんかわからないけど、繰り返してしまう癖だったり、なんかわからないけど怖いことだったり。

 

まぁ、これがいわゆる【カルマ】と捉えられているものなのかなと。

 

例えば私の【逃げ癖】や【電話恐怖症】なんかは、ホロスコープ上では、ドラゴンテイル、キロン、リリスに表れていたりするわけです。

 

と考えると、過去・現在・未来は、常に影響し合っていることになりますから、

 

『現在の私』がある課題を克服したとすると、過去の自分も未来の自分も変わる、ということになります。

 

つまり、カルマの解消というのは、未来をよくするために現在を変える、というよりは、過去・現在・未来のそれぞれの自分が同時多発的に様々な課題をクリアしていくことで、自分自身の根源意識の底上げをしていく作業なのかなと思ったりしています。

 

例えば、霊視なんかで、未来を読む人とかいますよね。

 

そうなると、その霊視結果は、かなり当てにならないことになります(笑)

 

あくまでも【その時点での】ということになりますからね。

 

で、例えば、ソウルパートナーとの関係でいうと、

 

この現世でこのタイミングで出会ってこういう体験をする

 

って決めてきたとするじゃないですか。


f:id:pesceluna444:20190719075439j:image

 

その場合、

 

一目惚れ

 

って、あり得ないと思うんですよ、逆にね。

 

解消すべき課題がある2人でしょ?

 

なんか気になるけどなんだろ~?この人。

 

みたいな感覚になる気がする。

 

一目惚れとか執着がものすごいわいてきちゃうお相手というのは、

 

約束している相手には感じない感覚なのかなと。

 

確実にやらなきゃいけない課題って、ちょっと躊躇して後回しにしたりしませんか?(笑)

 

この人なんか気になるけど、う~ん、ちょっと置いとこう、みたいな感覚。

 

でも、気になるから完全には切り離せず、なんだろう?、みたいな。

 

これは、お相手にもいえることで。

 

例えば関係性を始めるためには、どちらかがまず恋愛感情的な愛情を抱かなければ始まりませんよね。

 

しかし、これが同時に起こるのか?といえばそうともいえず。

 

仮に、ここまでは1人で頑張ってクリアできたら、2人の課題をやろう。

 

という約束をしてきた場合、

 

それぞれのクリア状況により、その時々で惹かれるお相手が変わってきたりもすると思うんです。

 

もし、異性間における課題があったとして、そこをまず別の人でクリア、となると、そういうお相手と最初に出会って関係性を構築しなければならない。

 

まぁ、これは人それぞれですので、一概にはいえませんが、

 

そういう意味でも、ただお相手に執着して好きだ好きだ言う前に(笑)、

 

まず自分。

 

自分自身をどうにかしなければいけないのだと。

 

執着しなくても、約束しているんだから、お相手は逃げません(笑)

 

もし本当のお相手(=ソウルパートナー)である場合、時がくれば、自ずとそういう流れになる。

 

自分自身がボロボロなのに、そんな状態でお相手と対等に向き合えませんからね。

 

まず自分。

 

ソウルパートナーは、根源では繋がってますので、

 

自分が自分と向き合っていれば、

 

必ずやお相手も自分と向き合っているはずです。