スプリングアストロロジー

超個人的星読み勉強ログです。

太陽、月、アセンダントから自分という車を考察

あまり独りよがりに勉強してても考え方が片寄ってしまうので、今日は久々に占星術の単発講座に参加してきました。

 

一応中級以上の人用の講座みたいだったんですが、ほとんど知ってることだったので、いつの間に私ってばこんなところまで来てしまった?

 

と改めて思ってしまいました(笑)

 

まぁ、でもたまには他の人の見解を知るというのも大事ですね。

 

さておき。

 

今年のはじめに小惑星考察シリーズというのをやったんですが、

 

 

実はこのベスタ記事を書いた時、私は重要なアスペクトを見落としていました。

 

ベスタの位置:蠍座♏️2度 1ハウス

ベスタのアスペクト

アセンダント 蠍座♏️ コンジャンクション

太陽 乙女座♍️ 10ハウス セクスタイル

 

アセンダントにベスタが乗ってるというのは、事あるごとに(笑)、それはもうしつこいぐらいに書いてきているんですけれども、

 

実は、太陽ともメジャーなコンタクトがありました。

 

外面ともいえるアセンダントと太陽にベスタが絡んでいたのです。

 

ということで、太陽を含め、改めて自分自身のキャラクターについて考察してみたいと思います。


f:id:pesceluna444:20190715204517j:image

 

占星術において、その人の性格・キャラクターを読み解く上で重要な三要素とは?

 

はい。

 

太陽、月、アセンダント

 

ですね。

 

参考・引用文献はこちら。

鏡リュウジの占星術の教科書 I:自分を知る編

鏡リュウジの占星術の教科書 I:自分を知る編

 

 

太陽 =エンジン

人生を切り開こうとする基本的なエネルギー

 

月 =内装

その人が生存し、存在するための安定の筋道

 

アセンダント =車の外観

実際にその人が社会に向かって見せる顔。ユング心理学における『ペルソナ』

 

※ペルソナとは?

社会の中で演じている役割、仮面

 

で、私はアセンダント蠍座♏️です。そこにベスタがコンジャンクション、乙女座♍️の太陽がセクスタイルです。

 

私は月も蠍座♏️です。

 

ほぼほぼ『蠍座♏️の女』といってもいい(笑)

 

地獄の果てまでついてゆく~~~♪

 

おも~い~こん~だら~

 

いのち、いのち、いのちがけよ~~♪

 

アセンダント蠍座=『探偵の仮面』

慎重、鋭い洞察力。一見壁があるように見え、容易なことでは自分をさらけ出さない。いったん、ここは、と思うと徹底的にその対象と深く関わろうとする。

物静かな印象でも不思議に人をひきつける。時にセクシーな魅力をもつ。

 

まぁ、つまりは、不思議ちゃんというか、よくいえばミステリアス。

 

私という車の外観は、一見近づきにくそうなミステリアスさを醸し出しているけれど、乗れる人は限定的で、一度乗るのを許されたが最後、乗り換えは絶対に許されない。みたいな(笑)

 

で、そこにベスタが乗ってるということは、

 

多少の犠牲を払ってでも死守したい部分が、このアセンダント、つまりはペルソナであるのだと。

 

つまり、自分自身が、この人だと思った人とだけ深く関係性を結ぶ人であると思われたい。そこだけはどうしても死守したい。

 

なんででしょうね?

 

過去生で、何か誤解されるような事があったのでしょうか?

 

なんか、そんな気がしてきました。

 

おそらく、過去生で、ソウルパートナーに誤解されてますね。

 

アセンダントの支配星(チャートルーラー)は冥王星ですしね。

 

冥王星=魂の願い

 

冥王星についても読み直しが必要かもですが、今回はとりあえず置いときます(笑)

 

月も蠍座♏️ですから、内面はそもそもそうなんですから。

 

そして、蠍座♏️のアセンダント&ベスタは、10ハウス乙女座♍️の太陽とセクスタイル

 

乙女座♍️は管理・サポートのサインです。

 

10ハウス乙女座♍️の太陽ということは、

 

『管理者、サポーターとしての自分を社会に打ち出してゆく』というエンジン=エネルギーになります。

 

つまり、たった一人この人と思った人のサポーターとして生きると。

 

ただし、

 

太陽は月とはスクエアで、そこは葛藤があります。

 

蠍座♏️は水サインなので、感情的な動きです。

 

乙女座♍️は地サインなので、現実的な形として示していくことになります。

 

月を本能とすると、やはり、私的に最も大事なのは気持ち=感情なのだと(笑)

 

例えば、

 

大切な人にプレゼントを贈ることにした場合。

 

太陽乙女座♍️的には実用性のある、その人の役にたつだろうと思うものを選ぶ。

 

しかし、蠍座♏️の月がささやきます。

 

いやいや。大事なのは、プレゼントをしたいと思うその気持ちそのものでしょ!と(笑)

 

何でもうれしいでしょ!と(笑)

 

確かに。。。

 

おおいに思い当たります。

 

どちらかというと、感情的な結びつきというものを重視しますね。

 

そういった意味で、パートナーシップにおいては、月が同じエレメント同士であると割りとスムーズというか、お互いにストレスなく過ごせる、というのも頷けますね。

 

何がなんでも形に拘る人って居ますからね(笑)

 

例えば現実的な『契約結婚』というのもその一つかもしれません。

 

私は、形よりも感情を重視するので、

 

基本的には気持ちがあればそれで満足。なはず。

 

ですが、サポーターとして生きるための術として現実的な『契約結婚』という形をとる可能性はあるかもしれませんね。

 

というわけで、今更ながら、基本中の基本をやってみました。