スプリングアストロロジー

超個人的星読み勉強ログです。

Gillian Helfgottのホロスコープ

Gillian Helfgott

ギリアン・ヘルフゴット

 

え、誰?

 

ってかんじですか?(笑)

 

映画『シャイン』をご存じでしょうか?

 

シャイン ―デジタル・レストア・バージョン― [DVD]

シャイン ―デジタル・レストア・バージョン― [DVD]

 

 

実在するピアニスト、デイヴィッド・ヘルフゴット(David Helfgott)をモデルに描いた映画です。

 

Rach. 3 Reborn

Rach. 3 Reborn

 

ギリアン・ヘルフゴット(Gillian Helfgott)は、そのデイヴィッドの2番目の妻で、なんと占星術師でした。

 

こちらの鏡先生の書籍でも取り上げられておりまして、

改めて興味を持ちまして。

 

神童と呼ばれるほど、幼い頃からピアニストとしての天才っぷりを発揮していたデイヴィッド・ヘルフゴットは、23歳で社会的成功を治めた直後、精神疾患に陥り11年もの長きに渡りピアノに触れることなく精神病院で過ごします。

 

徐々に社会復帰に向けて動き出した時に出会ったのが、現在の妻であるギリアンです。

 

占星術師であるギリアンは、デイヴィッドとの運命的な出会いも、星を読んで知っていたのですね。

 

そして、ギリアンの献身的な愛によって、デイヴィッドはピアニストとして奇跡の復活を遂げるのです。


f:id:pesceluna444:20190327212017j:image

(画像はネットより拝借)

 

そんな2人に、特に占星術師でもあるギリアンさんに、なんだか妙に親近感を覚え(笑)、

 

彼女のホロスコープを読んでみたいと思います。


f:id:pesceluna444:20190327203356j:image

Gillian Helfgott

1931年12月10日

オーストラリアメルボルン生まれ

職業:占星術


デイヴィッドが1947年生まれですから、16歳上の姉さん女房です。

 

まずは、なんといっても、木星が獅子座♌️23度でカルミネートしてるのが目につきますね。

 

で、例の、神秘主義者の度数です。

 

アセンダントは射手座♐️ですから、チャートルーラーが木星ということになります。

 

彼女のブループリント上の最優先事項が、カルミネートしている獅子座♌️の木星です。

 

自分の持つ、神秘的才能で社会的に認められること。

 

そして、アセンダントのある射手座♐️には、太陽、月、火星、セレスがステリウム。

 

チャートルーラーである木星は、射手座♐️の太陽&月とトラインで調和。

 

探究心、冒険心が才能を開花させる。

 

水星、金星、土星山羊座♑️でもう1つのステリウム。

 

神秘主義的な資質を持ちつつも、意外と現実的。地に足がついている人。

 

デイヴィッドとのシナストリーを見てみました。


f:id:pesceluna444:20190327204949j:image

 

デイヴィッドのディセンダントは射手座♐️です。

 

デイヴィッドのディセンダントにギリアンの太陽、セレスがコンジャンクション

 

セレスは、保護・養育、無償の愛、献身を表す星。

 

そして、デイヴィッドの7ハウスに、ギリアンの太陽、月、火星、水星、金星がすっぽりと入っています。

 

2人のシナストリーにおいて、最もタイトなのが、

 

ギリアンのベスタとデイヴィッドの冥王星オポジション

 

そして、ギリアン冥王星とデイヴィッドの木星のトライン。

 

てことで、どちらも冥王星絡み。

 

ギリアンは、デイヴィッドに献身的な愛を捧げ、

 

デイヴィッドは、ギリアンに富と安心と幸福を与える。

 

これはおそらく2人の間にあるカルマなんでしょうね。

 

ノード軸はお互いのヘッド、テイルがトライン、セクスタイルになってます。

 

ギリアンのMCにデイヴィッドのドラゴンヘッドコンジャンクション。(オーブ5度)

 

なんでも、

 

デイヴィッドは、ギリアンに出会った翌日にプロポーズしているようなんですね。

 

それはチャートではどこに表れているのか?

 

デイヴィッドのリリスと、ギリアンの水星が山羊座♑️でコンジャンクション(オーブ約5度)。

 

デイヴィッドのリリスは、ジュノーと0度でコンジャンクションしています。

 

パートナーには山羊座♑️的要素を求める。山羊座♑️=姉さん女房の暗示?

 

ちなみに一人目の奥さんも姉さん女房でした。

 

責任感とリーダーシップに溢れるギリアンの知性や言葉に、イチコロだったのではないでしょうか?

 

ギリアンの水星のサビアンは『力のあるベールに隠れた予言者』で、神秘主義者、占星術師としての才能を表してますね。

 

水星には射手座♐️の火星がコンジャンクションしてますから、行動的には熱もあるけど柔軟。

 

一方、ギリアンリリスとデイヴィッドの月が牡牛座♉️でコンジャンクションしてるんですね(オーブ約2度)。

 

ギリアンギリアンで、実は、デイヴィッドの本質的な部分、牡牛座♉️的な、ピアニストとしての才能(感覚的繊細さ)や、穏やかで誠実なところに強烈に惹かれていたのではないだろうか?

 

ギリアンは、『毎日彼を見るだけで心が躍るの』と言っていたらしい。

 

シナストリーにおけるリリスと天体のコンジャンクションは、【リリス側が天体側に惹かれる説】が有力ですけど、

 

やっぱりそんな気がしますね~。

 

私の考察ですと、リリス=過去生カルマ、潜在的欲望ですから。

 

そこが、相手の天体と合致した時、切っても切れないように強烈に惹き付けられちゃうのかな~?と。

 

カルマと欲望が両方絡むってことですからね。

 

何気に、夫婦のシナストリーを見ると、リリスが絡んでることが多いんですよね~。

 

というわけで、ギリアン・ヘルフゴットのホロスコープを読んでみました。

 

また映画観たくなっちゃったな~。