スプリングアストロロジー

超個人的星読み勉強ログです。

Alfred Adlerのホロスコープ

先日取り上げました、心理学者アルフレッド・アドラーホロスコープが非常に興味深かったので掘り下げてみようと思います。

 

 

2012年、心理カウンセラーの認定資格を取るための最終試験で面接官に『あなたが一番好きな心理学者は?』と聞かれた私は『アドラー』と答えていました。

 

未だにアドラー心理学に救われることの多い私です。

 

そして、アドラーもやはり太陽水瓶座♒️でした。

 

私の窮地に訪れる太陽水瓶座♒️さん。

 

Alfred Adler

1870年2月7日14:00生まれ
オーストリア=ハンガリー帝国、ルドルフスハイム出身

職業:精神科医、心理学者

 

f:id:pesceluna444:20190319134536j:image

 

まずパッと見てすごくないですか?

 

ほとんどの天体が上半球にある。

 

表に表に出ようとする人です。

 

そして、魚座♓️で金星がカルミネートしてます。

 

もうこれだけで、なんて優しい人だったんだろうと思うわけですね(笑)

 

そして、

 

金星のカルミネートは私も同じく。私は獅子座♌️ですが。

 

で、

 

牡牛座♉️、牡羊座♈️、水瓶座♒️で地、火、風のエレメントでそれぞれステリウム。

 

しかしながら、アセンダントとMCは蟹座♋️と魚座♓️で水サインなんですよね。

 

非常にバランス感覚の優れた人物像が想像されます。

 

アセンダントの位置:蟹座♋️14.08度

サビア

蟹座♋️14度『東北の大きな暗い空間に向いているとても年をとった男』

→オールド・ワイズマン、悟った人

蟹座♋️15度『豪華な食事を楽しんだグループの人々』

→仲間と共に身も心も豊かに暮らす人

 

チャートルーラー:月

月の位置:牡牛座♉️6度 11ハウス

サビアン『渓谷にかけられる建設中の橋』

→人と人との間の深い谷に橋をかけ、互いに協力しあうことで、個人の壁を超えようとする。

 

11ハウスなので、ある限定されたコミュニティの中でそれをやる。

 

月には木星コンジャンクションってことで、コミュニティの中で教えていく。

 

木星には冥王星コンジャンクションってことで、社会を変革させるべくカリスマ性をもった力強い指導者。

 

冥王星にはセレスがコンジャンクション。なんか近寄りがたい大物感のある雰囲気だけど、実際近寄ってみるとまー母性愛溢れる器の大きさを感じる、ってかんじかな。

 

太陽は水瓶座♒️なので、非常に感じよく振る舞う。

 

太陽には奉仕の星、ベスタ合なので、更に人のよさも醸し出している。

 

かつ、火星も合なので、活動的積極的に関わってくる。

 

しかし、太陽は8ハウスか9ハウスか微妙な線ですが、8ハウスとすると、この資質が適応されるのは、おそらくは自分自身に対して、先生、先生~って慕ってきてくれる、支援者的な人に対してだけですね。

 

カルミネートしている金星は、9ハウス魚座♓️でジュノーがコンジャンクション

 

海外で人気が出る。晩年アドラーアメリカに移住しています。

 

金星、ジュノーは魚座♓️13度。

 

出ました!カリスマ度数の13度。

 

魚座♓️13度のサビアンは、『博物館にある刀』

 

伝統や集団を代表して、超越的なものから特権的な力を受け取る。

 

アドラーは27歳の時に結婚していますが、お相手は、ロシア系ユダヤ人のライザ・エプシュタイン。

 

9ハウス×ジュノー=外国人がパートナー

 

金星が合だから、美しく優しい人だったのかな?

 

アドラーは妻(パートナー)ありきの人だったのかもしれませんね。

 

社会的役割を果たすためにはどうしても妻の力が必要だった。

 

アメリカ移住の際も、最初はうんと言わなかった妻に手紙を書き続け、遂には呼び寄せることに成功してますから。

 

カルミネートしているのは、金星だけじゃなくジュノーもなんですよね。

 

ジュノー=パートナーシップ

金星=愛の形

 

と捉えるならば、

 

そのことを自身の在り方(MC)を通して示していた人。

 

ともいえるかもしれません。

 

MCは魚座♓️17度でサビアンは『復活祭の歩道』。

 

時代を読み、新しいことを創造する度数。

 

人生の終着点である土星は、射手座♐️26度6ハウス。

 

サビアンは『旗手』で、自分の利益は考えずに、人々の指標として生き、自分が追い求めている理想や目的をはっきり掲げて歩く代表者的度数。

 

6ハウスですし、最後は人のためだけに生きる。

 

なんという崇高な魂。

 

アドラー土星×射手座(or 9ハウス)のお仲間でした。

 

射手座=海外

 

と捉えると、海外移住した晩年というのもここに表れてます。

 

こうやって偉人のホロスコープを読んでみると、

 

やっぱり当たってるんですよね。

 

こういうホロスコープだから、こういう風に生きるのか?

 

こういう風に生きると決めているから、こういうホロスコープなのか?

 

って感じですけど、

 

ホロスコープ=ブループリント

 

とするとやはり、

 

ブループリントを生きていれば人生は輝くということなのか?

 

というわけで、アドラーのチャートをざっくりですが、読んでみました。

 

本日、春分=宇宙新年。天秤座満月。

 

私はこれから初詣にいってまいりまーす(*・ω・)ノ