スプリングアストロロジー

超個人的星読み勉強ログです。

サイデリアルシステムで出生チャートを検証②

①の続きです。

 

その他の天体を見ていきます。

 

水星の位置:獅子座♌️13度 11ハウス

サビアン『揺れている年をとった船長』

→オールドソウル。老賢者。脚色なしで語ることのできない人。話が大袈裟になりがち。

 

なんかこれ、前世というか、来世というか。ハーモニクス9で考察した人物像が思い浮かびます。

 

そして、話が大袈裟になりがちなのは、現在もその傾向あり(笑)

 

このブログの読者様ならお気付きかと(笑)

 

そして、ハーモニクス9のアセンダントと、サイデリアルシステムのMCの位置が同じでした。

 

MCの位置:蟹座♋️14度

サビアン『東北の大きな暗い空間に向いているとても年をとった男 』

→この度数は、ユングのいうところのオールドワイズマン=老賢者のアーキタイプ

仏教における『空』に精神を集中させている人。悟ってる人。

 

火星の位置:獅子座♌️23度 11ハウス

サビアン『裸馬乗り』

→ショーマンとしてふるまう傾向。日常を超えた力と心を人々のなかに巻き起こす。有名な神秘主義者は、この獅子の20度から26度くらいまでの帯域になんらかの惑星をもっていることが多い。この帯域はオカルティズムの代表的な資質に関係する。

 

これもまぁ、似たようなサビアンですね。獅子座♌️ってこんな感じか。確かに何かにつけ大袈裟な人多いかも。

 

しかしサイデリアルだと、オカルト系のサビアン多い印象です(笑)


f:id:pesceluna444:20190318202406j:image

 

木星の位置:水瓶座♒️21度 5ハウス

サビアン『絶望し幻滅した女』

→大きな目的のために、個人的な感情を棄てて奉仕する生き方をする人。

 

これはジュノーと同じ度数ですね。

 

海王星の位置:蠍座♏️13度 2ハウス

サビアン『実験をしている発明家』

→発明や発見の才。異質なもののつながりを感じ取り結びつける能力。

 

13度は【カリスマ】度数らしいです。

 

天王星の位置:天秤座♎️1度 12ハウス

サビアン『突き通す針により完璧にされた蝶』

→他人から見た自己像を認識する。

 

冥王星の位置:乙女座♍️11度 12ハウス

サビアン『母親の期待の鋳型にはまる少年』

→夢見たことを現実化する。

 

ってことで、ざっと見た印象としては、

 

私にしては立派すぎて(笑)

 

三次元上の自分ではなく、もっと高次元の自分といった感じがします。

 

前世を表すとされるハーモニクス9では、アセンダントに金星がコンジャンクションしてました。

 

サイデリアルシステムにおけるアセンダント=天秤座♎️

 

というのも合致する気がします。

 

しかしながら、合致していると思えるパートもあり、

 

これは、

 

時空を越えた部分での繋がりによるものではないか?

 

という気もします。

 

別の平行次元にいる自分と、この三次元上の自分が繋がっている。つまりは、根源の魂を通じて影響下にある。

 

ような、気がします(笑)

 

しかし、トロピカル方式のホロスコープはかなり的確なんでね~。

 

自分自身のもうひとつの側面として、読んでみるのも面白いのかな?と。

 

私はかなり楽しみました!