スプリングアストロロジー

超個人的星読み勉強ログです。

サイデリアルシステムで出生チャートを検証①

黄道十二宮が整備された紀元前2世紀の春分点牡羊座にあったことから、現代占星術では牡羊座0度を春分点としたトロピカルサイン方式を採用したものが主流でして、もちろん私が読んでいるのもこの方式に沿ったものになります。

 

しかし、地球は地軸が23.4度傾いていることから、その歳差運動により、72年に1度ずつ春分点はずれておりまして、実際の天空の春分点は現代占星術で使われているものとは異なります。

 

現在は、魚座水瓶座の境目あたりが春分点といわれておりまして、【魚座時代】→【水瓶座時代】への移り変わりの時期なんていわれているのもそのためです。


f:id:pesceluna444:20190318082053j:image

 

ということで。

 

実際の春分点に沿ったサイン分割方式、サイデリアル方式だと自分のチャートはどう変わるのか?

 

検証してみたいと思います。

 

ひとまず、気になるパートから、サビアンシンボルで感覚的に読んでいきたいと思います。

 

アセンダントの位置:天秤座♎️8度

サビアン『荒廃した家の中で燃え盛る暖炉 』

→再生、復活、軌道修正、チャレンジ、霊的体質

 

チャートルーラー:金星

金星の位置:蟹座♋️17度 10ハウス

サビアン『知性と生命に成長する胚芽』

自己実現を目指して積極的に行動する

 

太陽の位置:獅子座♌️7度 10ハウス

サビアン『空の星座』

→時代や世間に左右されない、永遠性を感じるものに価値を見出だし、その基準に生き方を合わせようとする。

 

なんかこのサビアン好きだし、非常に私っぽい。。。(笑)

 

月の位置:天秤座♎️30度 1ハウス

サビアン『哲学者の頭にある3つの知識のこぶ』

→深い哲学性をもち、理想を実現しようとする。人間にとってあるべき姿とはなにか?を常に考える。

 

哲学者ですね。これは。

 

土星の位置:双子座♊️21度 9ハウス

サビアン『労働者のデモ』

→無理してまでも自分の能力をぎりぎりまで発揮する。結果ストレスが増加するが、忙しく活動することに執着して、たくさんのことを同時にこなそうとする。

 

人生の終着点、忙しそうですね(笑)

 

ジュノーの位置:水瓶座♒️21度 5ハウス

サビアン『絶望し幻滅した女』

→大きな目的のために、個人的な感情を棄てて奉仕する生き方をする人。

 

これ、私のパートナー像ね。

 

ディセンダントはどうだろう?

 

ディセンダントの位置:牡羊座♈️8度

サビアン『東に向いてなびいているリボンをつけた大きな帽子』

→環境や自然界を観察することで、世の中で働いている根本的な法則を理解する。宇宙的な諸力や霊的な影響に対して守られている。

 

ジュノーとディセンダントのサビアンシンボルが、【女性】をイメージさせるものというのが興味深いですね。

 

それがそのまま、そのものを表すわけではないでしょうが、女性性が強い人ということなのか?

 

というわけで、気になるところをピックアップしてざっと読んでみました。

 

しかし、

 

アセンダント=天秤座♎️

 

って、容姿端麗で社交的ってことになっちゃいますが、

 

これは違うかな~(苦笑)