スプリングアストロロジー

超個人的星読み勉強ログです。

トランシット土星から3ハウスを読む

怒濤の冬至~蟹座満月いかがお過ごしでしたか?

 

私は月が蟹座から獅子座に抜ける12/24までは潜在意識優位のフワフワ状態で過ごしておりましたが、

 

昨日からまたいつもの顕在意識バリバリの自分に戻ってます(笑)

 

というわけで、ようやくトランシット土星に再着手。

 

2017年12月20日

トランシットの土星が射手座♐️から本拠地山羊座♑️に移動しました。

 

土星山羊座期は、

2020年12月17日

まで約3年間続きます。

 

石の上にも三年。

 

といいますが、

 

土星は時間と制限と安定を表す天体。

 

本拠地山羊座♑️でエネルギーは最高潮。

 

今現在、トランシットの土星は、私の出生チャートの3ハウスに位置しています。

 

トランシット土星が出生チャートの3ハウスに入ったのが、

 

2018年1月10日

 

学習、通信、文筆、会話、近距離旅行等を強いられる時期といえますが、

 

占星術の勉強を始めたのが今年から。

 

このブログを始めたのも今年から。

 

ってことで、関係あるっぽいですね。

 

元々人見知りなので、人とのコミュニケーションも面倒に思ってしまいがちなのですが、何かと人と会話する機会が強制的に訪れますね、今年に入ってからは。

 

そして、なんかもう最近はとにかくよく書いてますね~。書いてばかり。書くことに時間を取られてる。


f:id:pesceluna444:20181226075925j:image

先日、ICと4ハウスの考察をしましたが、その際にサインのルーラーを見る重要性を感じたので、

 

まずはサインルーラーから見てみることにします。

 

3ハウスカスプ=山羊座♑️

 

私の出生の3ハウスは、途中から水瓶座♒️に移行しますが、水瓶座♒️のサブルーラー(現実面)も土星ですので、土星として読んでいきたいと思います。(プラシーダスシステム採用)

 

ルーラー土星の位置:蟹座♋️ 9ハウス

 

土星といえば、人生の終着点、最終目的地を表しているといわれたり、また心理占星術的には克服すべき"シャドウ"の部分といわれていたりします。

 

ということはつまり、

 

現在私は、人生の終着点に向けての学習を強いられている時期、またシャドウの克服に向けての勉強を強いられている時期、ということになるんでしょうか。

 

めちゃめちゃ大事な時期じゃないですかー!

 

いつまで続くんですか?これ。

 

2021年11月8日 まで続きます。

 

あと3年弱。。。

 

3ハウスサインルーラーが、9ハウスに入る

3ハウスで得た知性、情報、学習能力、言語の中に、宗教、哲学、神秘学、海外の文化、法的な事等を取り入れることにより専門的な知識に発展させ、幅広い分野に渡って豊富な知識を得る。

 

確かに、とっかかりは占星術でしたが、占星術は幅広く高次の知識を知っていなければ読み解けませんので、必然的にそうなってますね。

 

タロットも勉強したいし、神話も勉強したいし。

 

で、やっぱり英会話もやらなきゃいけない気がしてきました。

 

出生の土星が9ハウスにある場合、最終的には研究者や教育者になる人が多いようです。ま、何か専門的なことを学んでゆく人ですね。

 

そして、9ハウス=海外とするならば、土星の年齢域(55歳~)以降に海外移住の可能性もあり。

 

4ハウスから導き出された、最終的に私が帰る場所は、

 

ニューヨーク、アムステルダム

 

ニューヨークはもちろん英語ですし、オランダも英語が通じるようですので、木星が射手座♐️に入っている内に英会話、やっといた方がいいのかもね?

 

土星アスペクトを改めて見てみます。

 

土星アスペクト

蠍座♏️ 1ハウス トライン

火星 乙女座♍️ 11ハウス セクスタイル

木星 魚座♓️ 5ハウス トライン

(ジュノー 魚座♓️ 5ハウス トライン)

 

月△木星土星で水のグランドトライン。

 

蠍座♏️の月は、自分自身の洞察力や霊感。

乙女座♍️の火星は、占星術による分析。

魚座♓️の木星は、スピリチュアル、芸術関係の趣味活動。

 

これらが、高次の学習のために使う要素ということになります。

 

まぁ、ほぼ今やってることですけどね~。

 

2020年12月17日

この日、トランシット土星のサインが山羊座♑️→水瓶座♒️に移動します。

 

3ハウスのスタイルが、社会に向けた実用的なもの→発展的で独自のものへと変わるのか?

 

土星水瓶座♒️のサブルーラーでもありますか、エネルギー的には強さは保ってそうですね。

 

このあたりも、何かしらの切り替えポイントとなるのかも?

 

そしてそして、

 

2020年12月22日

水瓶座♒️1度でトランシット木星土星コンジャンクション。いわゆる、グレートコンジャンクションといわれている天体の重なりらしいんですが。

 

サビアン『古いレンガ作りの伝道所』

→住み慣れた環境から離れ、一時的な成功ではなく永続するべき本当の意味での理想を目指す。

なんかこのサビアンも、人生の終着点に向けての、的な意味ですよね~。

 

木星&土星のグレートコンジャンクションは、20年に1度しかこない配置。

 

社会のしくみが刷新されて時代が大きく変わる時期といわれています。

 

私の出生チャートへのアスペクトを見てみます。

 

グレートコンジャンクションアスペクト

太陽 乙女座♍️ 10ハウス インコンジャクト

火星 乙女座♍️ 11ハウス セキスコードレイト

冥王星 天秤座♎️ 11ハウス トライン

木星 魚座♓️ 5ハウス セミスクエア

ジュノー 魚座♓️ 5ハウス セミスクエア

ドラゴンヘッド 射手座♐️ 2ハウス セミスクエア

ドラゴンテイル 双子座♊️ 8ハウス セキスコードレイト

アセンダント 蠍座♏️ スクエア

ディセンダント 牡牛座♉️ スクエア

 

水瓶座♒️3ハウスでグレートコンジャンクションしてるトランシットの木星&土星が、

 

人生の目的を果たしている自分自身(太陽)、アストロロジャーとしての自分自身(火星)、主たる転生目的・魂の願い(チャートルーラー=冥王星)、自分自身が作り出すもの・愛するもの(木星)、自分自身が権利を主張するもの(ジュノー)、過去生カルマ・魂の課題(ノード軸)、自分自身の性質(アセンダント)、対人関係・パートナーシップ(ディセンダント)に絡んでくるという。。。

 

ん~転機になることには間違いがなさそう。

 

この日のプログレスを見てみました。

 

プログレスの月:

蟹座♋️23度 8ハウス

サビアン『文学会の集まり』

→批評能力、文化的知識、文学的才能

 

なんでしょう?オカルト集団にでも入っているというのでしょうか?(笑)

 

そして、水瓶座♒️にいる土星先生は、

 

2021年2月20日 3ハウス→4ハウスへ

2021年3月24日 逆行へ

2021年9月13日 4ハウス→3ハウスへ

2021年10月12日 順行へ

2021年11月8日 3ハウス→4ハウスへ

 

2021年からは、3ハウスと4ハウスの境目で逆行順行を繰り返しつつ、11月8日に約4年弱の学習という試練からの卒業~!

 

となるのでしょうか?

 

なんだかんだ、2021年もあわただしそうです。

 

まぁ、現在はとにかくお勉強する時期ってことなんでしょう。でも、全く苦じゃないんですよね~。

 

勉強する意識になっているので、それが具現化している状態である、ということなのでしょう。