スプリングアストロロジー

超個人的星読み勉強ログです。

ノード軸の移動

2018年11月8日

木星射手座♐️入り

&

蠍座新月

 

その前日

 

2018年11月7日

ドラゴンヘッドが蟹座へ

ドラゴンテイルは山羊座へ移動

&

逆行中天王星牡羊座に移動


f:id:pesceluna444:20181105070818j:image

 

ドラゴンヘッド、ドラゴンテイルは、天体ではなく、

 

太陽の通り道と月の通り道が交差する場所の事をいい、その2点を結ぶ線をノード軸=月のノードといったりもします。

 

ホロスコープ上で、ドラゴンヘッドは北に位置し(ノースノード)、ドラゴンテイルはそこから180度移動した南に位置しています(サウスノード)。

 

その意味としては、これまたアストロロジャーさんによって微妙に異なりますし、なんだか曖昧でよくわからなかったりするんですけれど、

 

過去世と繋がる縁を表すポイント

 

というのが解りやすくて、私的にはしっくりきますかねー。

 

天体ではないので、そのポイント自体が何か能動的に動くということはない。

 

あくまでも、サイン、ハウス、天体に関わった時にはじめて意味をなしてくる。

 

そういうイメージです。

 

私はよく『過去世絡み』という言葉を使いますが、

 

まさにそんな感じ。

 

今回そのノード軸が、獅子座-水瓶座ラインから、蟹座ー山羊座ラインに移動するということです。

 

その期間は2020年5月5日まで。

 

自分自身の出生チャートの天体が蟹座、山羊座にある場合は、そことノード軸が重なる時、というのが過去世の縁絡みの出来事が起こりやすいのかなと。

 

私は、出生の土星が蟹座です。山羊座には天体はありません。山羊座要素、皆無だもんなぁ~(笑)

 

さて。

 

土星=シャドウ、人生の終着点


f:id:pesceluna444:20181105073930j:image

 

出生の土星とトランシットのドラゴンヘッドが重なるのが、2019年9月16日。

 

で、その日のトランシット木星はここ。出生チャートのドラゴンヘッドと重なっています。


f:id:pesceluna444:20181105074132j:image

 

2019年9月15日~16日、その前後あたり、敬老の日あたり(笑)、

 

過去世の縁絡みの何かしらが起こるというのでしょうか?

 

しかし、七夕に敬老の日に、ポイントとなる日が覚えやすいのはいい(笑)

 

トランシットのドラゴンヘッド、テイルに関してはあまり文献がないので、

 

ある意味、実験というか(笑)

 

自分自身でまず検証してみたいと思っています。

 

ちなみに、ドラゴンヘッド獅子座通過中、私の場合、金星(好きなもの)とMC(社会的使命)を通過していたんですけれど、

 

2018年4月27日 Tドラゴンヘッド×金星 合

2018年5月30日 Tドラゴンヘッド×MC 合

 

でした。

 

ピンポイントで何かあったとかいうのはないんですが、だいたいこの頃、趣味活動に勤しんでいましたかね~。

 

元々趣味が観劇やコンサート観賞なので、私の場合、趣味そのものが獅子座的ともいえるんですよね。

 

占星術の講座にも行ったりしてました。

 

期間的なことでいうと、

 

2017年5月10日~2018年11月7日までってことになりますが、

 

本当に好きなものだけに絞っていった時期でもありますね。絞らざるを得ない状況になったというのもあります。

 

時期的に木星蠍座期とも被ってますし、出生の蠍座の月を木星が通過しましたし。

 

それが、過去世とどう繋がるのか、はっきり言ってわかりません(笑)

 

しかし、色んな不要な感情を手放していったら、最終的に本当に好きなものが残って、自然とそれを大切にしていこうとする自分自身が、本来の自分の姿だったのだと、妙に納得してもいます。

 

色んな執着手放すと、ホント楽ですよ~(笑)

 

本当の自分の声だけに従って生きると、やっぱり楽しいですし、例え失敗したとしても、後悔がないんですよね。

 

本来の自分を知るという意味でも、星読みはおすすめです。