スプリングアストロロジー

超個人的星読み勉強ログです。

ソウルパートナーを考察する③

引き続き、ソウルパートナーについて考察していきたいと思います。


f:id:pesceluna444:20181027214136j:image

 

やはり、気になるのが、どんなルックスなの?

 

ってところ。

 

見た目だけで判断する訳じゃないにしろ、目印にはなりそうですよね。

 

④ソウルパートナーの外見的特徴

 

7ハウスのサインとディセンダントのアスペクトから考察します。

 

7ハウスのサイン:牡牛座

 

ディセンダントのアスペクト

ディセンダント×海王星 バイキンタイル(144度)

ディセンダント×天王星 オポジション(180度)

ディセンダント×太陽 トライン(120度)

ディセンダント×冥王星 クインカンクス(150度)

 

私には鑑定データがほぼありませんので(笑)、

 

自分自身で読み解いていこうと思います。

 

◆7ハウス×牡牛座◆

(アセンダント=牡牛座を参考にしてみました)

・五感(視・聴・嗅・味・触)に優れる。

・豊かな声量をもち、声が綺麗 (牡牛座=首・喉を支配することから)。

・ふくよかな頬、しっかりした顎、美しい口元を持ち、愛らしさがある。

・年齢を重ねると太りやすい傾向。

・表情の変化や言動が穏やか、柔和でおっとりした感じ。

・グルメさん、おいしいもの好き。

・独特のセンスがある。

・マイペースで人に流されない。

 

◆ディセンダント×天体のアスペクト

なんと、3天体がトランスサタニアン。

あとは太陽。

 

海王星 バイキンタイル

バイキンタイルって、144度というマイナーアスペクトなんですが、芸術性を表すアスペクトなんですね。

海王星もある意味芸術を表しますから、ザ・アーティストみたいな。アーティストオーラは出てそう。そして、魚座のルーラーなので、やはり癒し系。

 

天王星 オポジション

均整の取れたスタイルのよさをもち、パッと目を引く外見。スタイリッシュ。中性的。

 

冥王星 クインカンクス

威厳、カリスマ性。蠍座のルーラーってことで、なんかこうミステリアスというか、どこか謎めいてる。150度なので、人からはそう見られるけど、本来の自分自身とはかけ離れているので、その辺に葛藤がありそう。

 

☆太陽 トライン

太陽は獅子座のルーラーですから、やはり、百獣の王的存在感がありそう。あとは、明るい。笑顔が素敵。エネルギッシュ。あったかさを感じる。とかですかね。

トラインなので、ここがいちばん牡牛座の要素とは調和してそう。

 

とまぁ、こうやって考察してみてわかったんですが、

 

私の好きなタイプとだいぶ合致しています(笑)

 

ですから、

 

決められたソウルパートナーを表しているのか?

 

私の理想の男性像を表しているのか?

 

卵が先か鶏が先か?

 

みたいな。

 

自分自身の中の理想の男性性が意識の投影として現実化する、ということなのか。

 

それとも予め決められていることなのか。

 

これは、占星術に対するスタンスによっても意見が分かれそうなところです。

 

アストロロジャーさんでも、全然考え方違ってきますしね。

 

現実=意識の投影

 

とすると、

 

やはり、

 

本来の自分自身を生きることが、ソウルパートナーに出会うための近道かなとも思います。

 

私がまだ亡き父親に関係するインナーチャイルドを癒せていなかった頃、

 

架空の理想の父親像みたいな人ばかりを好きになっていた気がします。

 

経済力のある人や肩書きがすごい人(社長とか 笑)、背の高いがっしりした人(父親は180cm以上ありました)や、包容力がありそうな頼れそうな歳上の人。

 

はっきり言って、今回読んだソウルパートナーの特徴にはほぼ当てはまりません(笑)

 

はっはー、こういうことなのか、と。

 

妙に納得しました。

 

はい。うまくいくわけがないんです。勘違いしちゃってるんですから(笑)

 

きっと、自分に足りないものをパートナーで埋めようとしている間は、ソウルパートナーには出会えないですし、例え出会っていたとしても気がつかないんでしょうね。

 

こういったホロスコープ読み、というのも、本来の自分自身を知るための、1つの助けになります。

 

星読み、おすすめです(笑)