スプリングアストロロジー

超個人的星読み勉強ログです。

ソーラーリターン①アセンダントから読む

先日また鏡先生の講座に参加してきました。

テーマは、『ソーラーリターン』

 

f:id:pesceluna444:20180725081002j:image

 

以前も出してみたことがあったのですが、講座を受け、自分なりに落とし込んだ解釈を加えて再度読んでみたいと思います。

 

鏡先生は、出生地のままで出しておられたので、今回はそれに従って出してみます。

 

私としては、出生地、現在地、現在居住地、どれが正しいとかというのはなく、それぞれがその人の別の角度から見た方向性を表しているのでは?と考えています。

 

鏡先生もおっしゃっていたと思いますが、ネイタルチャートでもソーラーリターンチャートでも、ホロスコープを見る時のポイントととして、

 

まず、どこが目立つのか?

 

っていうところ。

 

そこがホロスコープを読む上で最も重要なポイントなのかなと思いました。

 

まずはアセンダントから。

 

度数は数えで見ていきます。

 

SR-ASCの位置

蟹座♋️22度『ヨットを待つ女』

→望むものを待ち続けて引き寄せる

ルーラー月の位置: 7ハウス→対人関係

山羊座♑️30度『秘密のビジネス会議』

→公にはできない知識、社会的責任、リーダーシップ

 

SR-月のアスペクト

月 × 火星: 7ハウス 合

(オーブ-1度)

山羊座♑️29度『お茶の葉占いをしている女』

→透視能力、直感力を使い、霊的な暗示を読み取る

 

月 × ドラゴンテイル: 7ハウス 合

(オーブ+6度)

水瓶座♒️6度『ミステリー劇の演技者』

→過去生では役割としての自分を演じてしまっていた?

 

月 × 冥王星: 7ハウス 合

(5度前ルールにより)

山羊座♑️20度『歌っている隠れた合唱隊』

→陰ながら仲間に貢献する

 

てことで、ざっと見ただけでもアセンダントのルーラーがいる7ハウスに3天体もあり、ステリウムになっていますので、

 

今年のテーマ、完全に、

 

対人関係です!!(笑)

 

そして、ドラゴンテイルが絡んでいることから。。。

 

前世カルマと関係しているのでしょう。

 

対人関係における前世カルマの解消が求められている。

 

月も前世を象徴してますし、冥王星はカルマを表すでしょ?

 

で、山羊座♑️なので、自分の魂的なルーツに関係する人なのかなと。

 

そして、そこに火星が絡んでくるとなると、ライバルとか、男性関係も意味しますね、見たまんま火星は(笑)

 

私のネイタルチャートのアセンダント蠍座♏️なんですが、

 

蠍座♏️のルーラーは?

 

はい。

冥王星と火星(副)ですね。

 

なんとなくですけど、今年は、私が生まれてきた目的を果たす(予定の)年なのかなー?

 

という気がしてきました!

 

まず、この7ハウスが目立ちます。

 

で、実はリリスも合なんですよね。

月 × リリス: 7ハウス 合

山羊座♑️28度『大規模な鳥類飼育場』

→霊的な意味を持つ情報を集める

 

リリスは、因縁とかカルマとかを表す。

これでもか!という、カルマの応酬(笑)

 

ソーラーリターンチャートの月とネイタルチャートのリリスも合なんですよね。

 

過去に抑圧されたリリスの解放が必要ということなのか?

 

リリスは、アダムの真のパートナーという説もありますから、

 

過去生で結ばれなかった真のパートナーと今生では結ばれようということなのか?

 

なんとなく、月(妻)、冥王星(年輩の権力者の夫)、火星(若い愛人)の三角関係のイメージ(笑)

 

そして、アセンダント絡みでもうひとつ目立つところというと、

 

アセンダント(蟹座)× 海王星(魚座9ハウス) × 木星(蠍座5ハウス)で水のグランドトラインを形成。

 

海王星魚座♓️16度『ひらめきの流れ』

→クリエイティブエネルギー、五感、直感

 

木星蠍座♏️17度『自分自身の霊によって受胎する、神の子を宿す偉大な女性』

→答えは全て自分自身の内側にある

 

そして、太陽(乙女座2ハウス) × 天王星(牡牛座10ハウス) × 土星(山羊座6ハウス)で地のグランドトラインを形成。

 

天王星:牡牛座♉️3度『クローバーが咲いている芝地に足を踏み入れる』

→生まれ持った才能や資質の開花とそれによる恩恵

 

土星山羊座♑️3度『成長と理解に対して受容的な人間の魂』

アイデンティティーの確立、具現化

 

そして、水と地のダブルグランドトラインになっているんですね。

 

つまり、六芒星🔯を形成しちゃってる。

 

水のグランドトラインは、1、5、9ハウスで、才能、創造性、精神等、自分自身の成長に関わる部分。

 

水なので、感情や精神面に関わる。

 

精神的安定には、心の繋がりのある仲間と関わり(アセンダント×蟹座)、情熱を傾けられるような趣味を拡大保護し(木星×蠍座×5ハウス)、海外や霊的なものの影響を受ける(海王星×魚座×9ハウス)。

 

地のグランドトラインは、2(5度前ルールで3)、6、10ハウスなので所得(学習、移動)、労働・健康、社会的ステータス・使命ってことで、仕事や役割に関わる部分。

 

地なので、金銭とか物質とか実力とか自分自身の基盤を表す。

 

内(水)と外(地)をしっかりと固める。

 

そして、

 

グランドトラインなので、その中でぐるぐるエネルギーが循環する。

 

そして、六芒星だからエネルギー的にはがっしり強く守られているイメージ。

 

水と地のダブルグランドトラインのエネルギーに守られつつ、対人関係のカルマの解消!

 

が、

 

今年のテーマのような。

 

でも、一応ソーラーリターンなので、太陽はやはりというか一番重要なテーマを表しているそうで、

 

サインは出生と変わらないので、ハウスで読むんですが、

 

とすると、私の場合、2ハウスになります。

 

しかし、5度前ルールを適用すると、3ハウス。

 

人間関係的な意味で見ると、3ハウスは身近な人間関係を表します。

 

または、短距離旅行=国内を移動することや、学習、コミュニケーション(これか!?)、文書、通信等も表します。

 

8月以降の国内旅行は、8月×2回、10月×1回、11月×1回予定がありまして、7月も既に2回(笑)

 

11月、12月も、場合によっては移動する予定があります。

 

10年くらいご無沙汰の海外旅行、今年こそは!!

 

って思っていたんですけれど、

 

なんやかんや、行けない事情が重なって、結局行かずじまいになりそうですし。

 

今年は国内をとにかく移動するのがいいのかな?

 

海外を夢見ていて精神的には旅をしているけれど(9ハウス×海王星)、現実の本人そのものは国内を移動している(3ハウス×太陽)的な?(笑)

 

太陽はグランドトラインの一部でもありますし、カルマの解消には必要な要素なのかもしれません。