スプリングアストロロジー

超個人的星読み勉強ログです。

蟹座新月

本日、2018年7月13日AM11:48頃、蟹座20度(サビアン度数では21度)で新月になります。月がノースノード(ドラゴンヘッド)の近くに位置しており、部分日食となります。この部分日食は、日本では観測できません。

 

天空では、天王星(牡牛座)×土星山羊座)×金星(乙女座)で地のグランドトライン△、

 

太陽&月(日食)(蟹座)×木星蠍座)×海王星魚座)で水のグランドトライン▽が形成され、

 

ダブルグランドトラインが出来上がることで、六芒星ダビデの星の形に近くなることから、占星術界では、若干ざわついております(笑)

 
f:id:pesceluna444:20180713070723j:image

 

私としては、天空の六芒星についてあまり気にしていなかったのですが、予定外に急遽、本日実家に数日里帰りすることになり、

 

ふと、思い出したんですけど、

 

私の実家の近くには三内丸山遺跡があるのです。

 

縄文遺跡。

 

昨日からやたらと第三者からの『縄文』というキーワードを目にしたり耳にしたり、自分の過去のブログ(別ブログ)で三内丸山遺跡に行った時のものを見返したりと、

 

これは偶然なのかー?

 

と。

 

数年前に三内丸山遺跡からダビデの星が見つかったとかいう噂?もあり。

 

なんとなく、このシンクロを書き留めておこうと思いました。

 

蟹座といえば、やはり『Home』という感覚。

 

月自体のホームグラウンドも蟹座ですから、

 

『家に帰りなさい』

 

ってことなのか。

 

家族や自分自身が心から信頼できる人や仲間と過ごすのがいい日のような気がします。

 

出生の土星が蟹座にある私にとっては、若干気が重いのも確かですが(苦笑)

 

本来の目的とは違うのですが、時間があれば久々に三内丸山遺跡もいってみようかな~?と思っています。