スプリングアストロロジー

超個人的星読み勉強ログです。

風タイプと水タイプ

私のアンチバーテックスは、双子座♊️9度に位置しています。

 

今回の新月が双子座♊️22度だったので、ちょうど昨日辺りがアンチバーテックス通過だったんですね。

 

f:id:pesceluna444:20180614072108j:image

 

そもそも、宿命的感受点とされる、バーテックス、アンチバーテックスについては、記述されている文献が少ないですし、占星術家の皆さまの意見も様々。

 

ただ私的には、サウスノードと同じ双子座♊️8ハウスに位置している、ということからも、私の実感からも苦手ポイント、カルマ的意味合いが強いように感じます。

 

宿命的感受点ということは、あがらえないもの、やらざるを得ないもの、という気もしています。

 

双子座=風サインなんですよね。

 

占星学 新版

占星学 新版

 

 久々にリズ・グリーンさんの著書参考。

 

占星術的に各サインは、4つのエレメントにグループ分けされています。

 

火、風、地、水


出生チャートのエレメントの配置でおおよその性格傾向は分析できると思います。

 

私は、

火2

風2

地3

水3

 

で、一見バランスがいいように見えますが、月とアセンダントが水ですし、月&木星&土星で水のグランドトラインですし、海王星アスペクトだらけですし、どちらかというと『水』が強いのだと思います。

 

『水』が強い=感情タイプ

 

感情優先タイプってことですね。

 

で、ですね。

 

私が苦手なの、、、

 

『風』が強い人、なんです。

 

はい。

 

ドラゴンテイル、アンチバーテックス=双子座(風の柔軟宮)です。

 

天王星冥王星は天秤座♎️(風の活動宮)で、これが『風2』になるんですが、トランスサタニアンなので、サインの影響だけで見ると、こちらは個人というよりは世代的影響。

 

だからなのか??

 

風、苦手です。(『風』強めの方ごめんなさい)

 

リズさんによると、

 

『風=思考タイプは、社交的、概念的で合理性を好み、最も人間的エレメントであるが、最も本能的な本質からはかけ離れている』

と。

 

つまり、『水=感情タイプ』とは真逆なんですよね。


『水』から見ると『風』はものすごくドライに映る。


そこが、私としては『冷たい』と思ってしまう。


『本音が見えない人ってこわい』と思ってしまう。


だから苦手。。。(*_*)

 

感情的な『水』と合理的な『風』

 

『水』タイプの私は、とにかく、割り切ることが苦手。


人と人との情を常に重んじる。

 

相手の気持ちも考えずにデリカシーの欠ける言動をする(そのように見える)人が理解できない。

 

今ここでストップしてるかんじ(笑)

 

『そんなの気にする必要ないよ』

『そんな奴ほっとけばいいんだよ』

 

って言われても、その理由を考えてしまう(笑)


ワケわからなさすぎて。


きっと理由なんてないのに。

 

でもね。

 

不思議なことに、そんな『水タイプ』の私の周りには、何故か『風タイプ』の人が多いんですよねー。

 

これも二元性の学びなのか。

 

『風』を受け入れることができたら、私はもっと成長できそうな気もします。

 

難しいけど。。。