スプリングアストロロジー

超個人的星読み勉強ログです。

ライジング・プラネット

アングルシリーズ第3弾!

『ライジング・プラネット=上昇星』

参考文献はこちら。

占星学 新装版

占星学 新装版

アングルが示すもの。

ASC:1ハウスの起点。人生の初期の運。生まれたときの環境によって定まる事柄。人生のスタートライン。
MC:10ハウスの起点。人生の最盛期の運。本人が人生で到達し得る最高の境地。人生のゴール。
IC:4ハウスの起点。精神世界、家庭環境等を示すポイント。
DES:7ハウスの起点。対人関係、パートナーを示すポイント。

MCに一番近い天体『カルミネート』については、前回やりました。

そして、ASCの前後5度以内にある天体は、『ライジング・プラネット=上昇星』と呼ぶそうです。

その意味は、

『ASCとともに、その人の人生に対する姿勢を決定する』

ということだそうです。

カルミネートは、単に"近さ"で測るようでしたが(ルル・ラブアさんは、南半球に限定してます)、ライジング・プラネットは、前後5度以内の制限付き。

さて、私のライジング・プラネットは??

天・王・星!

f:id:pesceluna444:20180607195656j:plain

天王星:天秤座♎️24度 12ハウス
サビアンシンボル:
天秤座♎️25度『秋の葉の象徴が伝える情報』
→自然界や目に見えるものの背後にある、超自然的な影響を直接感じて、そこから大きな力を取り入れることができる。なんでも表向きのことだけでは考えず、常に裏にあるものを意識して、深い理解に到達する。

ASCの位置も一応確認。

ASC:蠍座♏️1度
サビアンシンボル:
蠍座♏️2度『壊れたビンとこぼれた香水』
→他者と心の底からの交流をするために、自我の殻を一度やぶらなくてはならないと感じる人。このためにはある程度強引に殻を破ったり、苦痛を伴うのもやむを得ないと考える人も多い。

人生に対する姿勢とすると、、、

確かに、上っ面の薄っぺらい人間関係はいらないとは常々思ってますね。

社会で生きていく上では、時としてそういった社交術も必要ではあるとは思いますが、

本当の本音で生きていきたいし、そういう人と関わっていきたいっていうのはありますかね-。

『あの人、本音で話してないんだよね~』
『カッコつけずに腹割って話せばいいのにね~』

こんな台詞、よーくよく言ってます(笑)

たまに、本当に『本音』を顔に書いて歩いてるみたいな人=世間一般的には変り者と見られる人(笑)、とも遭遇したりしますけど、

癪に障るけど、完全に嫌いにはなりきれない私がいます。

そういう人って、融通がきかなくてわがままに見えるけど、"嘘"はないんですよね(笑)

心の底からの交流。

なかなか難しいですけど、やはり、私が重きを置いている部分でありますので、ライジング・プラネット&ASCは、それを確実に表しておりました。