スプリングアストロロジー

超個人的星読み勉強ログです。

月と金星

f:id:pesceluna444:20180607191739j:plain

(2018年4月18日夕方西の空、近所にて撮影)

今宵は月と金星がほぼコンジャクション。

月→牡牛座22度
金星→牡牛座21度

しかし、綺麗でした✨

近くを歩いてた学生さんもスマホで撮影してましたよ。

夜空を見上げて立ち止まる余裕、常に持っていたいものです。

さて。

出生ホロスコープ上の私の月は蠍座1ハウスに、金星は獅子座10ハウスに位置しております。

月も金星もある意味、"女性"を表す惑星です。


蟹座♋️のルーラー
無意識、感情、本能、母親、幼少期、前世等をシンボライズ。

金星
牡牛座♉️、天秤座♎️のルーラー
ギリシャ神話のアフロディーテに相当。
恋人、美、好み、価値観、金銭、愛
男性のホロスコープでは、ユング心理学でいうところの"アニマ"(理想の女性像)を表す。

ここから性格的なもの等を読み取ると、、、
(ルル・ラブア著『占星学』参考)

蠍座の月】
自己信念が強く、何事に対しても率直かつ真剣で、過労もいとわない。保守的で変化を嫌うが、自分の目的にかなうと見れば進んで改革に向かう。感情が激しく、嫉妬も執念も燃やす。

【獅子座の金星】
暖かく寛大な人柄。忠実で真心のある愛情を持つ。愛するものを他人に誇りたがる気持ちがあり、派手な演出や表面的なことに心を奪われやすい。陽気なことや贅沢な楽しみを愛する反面、人生に対する考えが甘くなりやすい傾向あり。

ルル・ラブアさん、厳しいんですよね~(苦笑)

でも、

愛するものを他人に誇りたがる気持ち

ってとこは、おそらく、自他共に認めるところでしょうね。

私のオタク話、割りとウンザリされてますから、最近(笑)

自分の愛するもの、周りに誇りすぎ!

誇られる側は、迷惑かもしれないですね。

続いてハウスで見てみましょう。

1ハウス🏠️
自我、環境のハウス
自分は誰なのか、どのような人生と遭遇するかを反映。外貌、体質、生活スタイル等、魂の自己表現の場。

10ハウス🏠️
天職、地位、野心のハウス
公の場での自分の振る舞いや、世界に打ち出したい自分のイメージ。
成就、名誉、名声の望み、キャリア、自分の理想像。

【1ハウスの月】
数奇な運命をたどる。
敏感で空想力に富み、多くは内気で平和な人柄。
環境の変化を好み、新しい活動分野を求め、常に新鮮な感情を慕って前進するため、人生そのものも変転に富んだものになりやすい。
大衆社会に馴染みやすく、一般相手の商売に向く。
言葉よりも感情による自己表現を好み、プライバシーや秘密の事柄に対して寛容。

【10ハウスの金星】
職業上の幸運と幸福。
指導的地位にある人から後援されやすく、教養ある人々からビジネス上のよい影響を受ける。
異性から敬愛されやすく(…えっ?)、身分以上の結婚に恵まれる。
社会生活をすることに幸福を感じる。
芸術、音楽、ファッションに関しての経歴に引き込まれやすい。

なるほどー。

おもしろいですね。

アスペクトする天体の解釈を加えると、もっと深く読めるんですが、

今日はやめときます(笑)